ハノンはピアノレッスンに必要かどうか?

こんにちは!

天王寺、阿倍野駅近くのホツマピアノスクール代表の西井昌明です!

今回の内容は「ハノンはピアノレッスンに必要かどうか?」ということです。

よくピアノ講師たちの間でも議題に上がる話題ですが、今回は私が「ハノンについて思うこと」を書いていきたいと思います。
私はハノンは「それほど必要ない」と考えています。それほど必要ないと言ったものの、後半の音階練習やアルペジオの練習はやればやった分だけ価値はあることは確かです。
それよりも大切なのは、「音楽の仕組みを知ること」。これにつきると思います。
講師である私は大人になってからピアノを学び始めました。世間的にはピアノを始めるのに「遅すぎる」と言ってもいいでしょう。ですが、大人になってから始めたピアノにも関わらず、プロのレコーディング現場に参加したりして、鍵盤で生計を立てることが出来ています。
なぜそんなことが出来るのかというと、「音楽の仕組み」を知っているからです。
ハノンは指を鍛える効果は確かにあります。ですがそれよりももっと重要なのは、「音楽の仕組みを理解すること」です。私どもは、「音楽の仕組み」や「芸術」について教えていくピアノ音楽教室です。「音楽の仕組み」や「芸術について理解すること」が本当の意味での音楽教育ではないのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です